かいごのひとこと 福祉用具販売員 人材紹介会社

かいごのひとこと

福祉用具販売員に転職

これまでの経緯は介護職員→福祉用具販売員に転職しました。

介護職に戻ろうと考え、介護施設の求人を探しました。

ここで、転職に大事な事は何かを考える様になります。

一番に考えたのは、ライフバランスです。

ライフバランスには

私生活に費やす時間は必要だと再確認しました。

そして、男性ですし、やはり給与面笑

でも、実際は難しいと思います。私生活に費やす時間を増やそうとしたら、給与面は少なくなります。残業代という物がないからです。

また、殆どの求人は、Wワーク禁止が一般的です。

それに、介護職は夜勤をして、給与が一般的に貰える額になります。

そこでも、施設の種類も多くありますが、社会福祉法人か医療法人または、民間の施設によっても、給与や処遇改善の面で多く違いもあります。

介護施設の選び方という物はとても難しいと感じました。

自分に合う介護施設を探すという事を1人で行うというのは難しい事だと思います。それは、雇用契約がしっかりとしているかの判断が難しく、離職率や年間休日・有給取得率なども関与していきます。

求人を応募していく中で、福祉関係の人材紹介会社に出会いました。

そこで、僕みたいに介護職を探し悩まれる方も多いと感じました。

就職を決めるまでは、早かったです笑

それに、Wワークが許される所も魅力的でした。

人材紹介会社とは

人材紹介会社の説明として、簡単に説明します。応募者様の仕事選びを手伝うという仕事です。この中には施設や病院関係者との関係も重要です。また詳しくは別でお話しできればと思います。

Wワークとして、もちろん介護職を選びました。

グループホームと養護老人ホームの夜勤専従をする事に決めました。

週3日、夜勤専従として、今は働いています。

もちろん本業も欠かす事の無いように業務をしています。

生活習慣も安定していきました。

やりたい事を仕事にし、経験やスキルも得られるので可能性が広がります

また、介護の仕事を使用と思われている方などのサポートができればと思います。

それに、仕事を探していく中で、介護の仕事というのは、施設で働くという仕事だけではないと感じました。

介護施設で働き、利用者様の身体ケアのサポートをするのは、とても重要な事です。介護士としての働き方は居なくてはならない存在です。

ですが、介護士だけでは、施設も回らないのが現状です。

それは、施設の中で使うオムツや必要物資を作る仕事、またそれを配達する配送業の仕事。それに、施設内で食事を提供する調理師、また献立を作成する栄養士も必要です。

他にも、介護施設を運用するには、いろいろな職種の方が連携して、利用者様が生活するサポートを行なっています。

ただ、介護の道を選ぶにしても、色々な方法や職種があると思います。

どの職種も必要でどの仕事も責任ある仕事であると考えます。

かいごのひとこと

介護は多くの手助けの中

成り立っている

介護の転職・仕事・資格

ブログ村 ランキング