かいごのひとこと 特養のつづき

かいごのひとこと

特養(特別養護老人ホーム)つづき

かいごのひとこと 特養とは

2019年12月23日

特養のお仕事紹介の続きになります。

基本的に特養は給与が他の施設に比べ高いです。

特養の初任給は一般的に18から23万程です

地域によってはバラバラですが笑

ですが、特養は夜勤一回あたりの夜勤手当も高いのが特徴ですね

特養を介護の初めての仕事に選ぶのもいいですが、デメリットもあります

他の施設に比べ肉体的に大変です。

身体的介護が多いというのも特徴です。

ですが、知識も経験も学ぶ場としては、良い施設です。

午後からの介護の1日を話しますね、、

13時から14時頃にお昼寝が終わり起床します。

そこでトイレがまだの利用者様はトイレに行きます。

おやつの時間があります。

おやつを食べたら、皆さんとレクリエーションのお時間です。

レクリエーションでは、歌を歌ったり、ボールなどで身体を動かします。

あとは、夕食のお時間までは、テレビをみて過ごします。

夕食はだいたい、17時ぐらいから始まりますね

食べ終わったら、トイレのお時間になります。

こうして、1日が終了するという形になります。

殆ど行事がなければ、1日の流れはゆっくりと過ごしますよ

皆さんとの共同生活になりますので、慣れるまでは大変です

特養での1日の流れを書いて見ました。

国は今後、在宅介護に力を入れており、今後施設の増築などは少なくなっていきそうですね。

介護の仕事をしようとする方は、特養は身体的介護が強くみられるので、介護者の身体を壊さない様に注意してください。

かいごの職業病

僕も腰のヘルニアに半年ほどでなりました。

ヘルニアになると、、末梢神経もダメになるので、リリカなどの薬やブロック注射などで、誤魔化して仕事をしなくてはいけません。

最近は、良くなってきましたが、一時期は、立っているのも立っているのも大変でした笑

オムツ交換や移譲時は腰痛ベルトをしましょう‼︎

かいごのひとこと

腰を守り、介護に

腰をおろそう

ブログ村 ランキング