内定から入社までに必要な事 介護職への4つのポイント

介護の転職

企業から内定を頂き、入社まで待つ時間は人それぞれですが、入社後に困らないために準備しておく、4つのポイントについての記事になります。介護職だけでなく、一般的な基本知識となります。

入社までの4つのポイントについて簡単にまとめた物になります。

入社までに準備する4つのポイント

業務内容・介護施設についての知識・理解を深める

入社前に業務について知っている事は、入社後の研修や指導を受ける際に重要です。ネット上にて会社のホームページや雇用内容をしっかりと読み、企業の方針や業務の流れを知る事ができます。また、施設によって同じ介護職でも特色はそれぞれです。特別養護老人ホーム・デイサービス・グループホーム等それぞれの介護施設により役割が変わります。

 未経験から介護職に勤務する場合は、基本的な介護用語も知識として勉強する事もおすすめです。 介護現場では介護用語で利用者の状況を職員同士で話しをされます。ある程度の基本知識を身につけておく事で入社後の勤務に役立ちます。

初任者研修や実務者研修の介護の資格取得に向けて勉強する事もおすすめです。

介護支援専門員資格取得までの流れ まとめサイト

2019年12月28日

自身の体調管理をし、入社後に備える

体調管理は最も重要な事です。新しい職場や環境で働く事は、誰しも心身面での疲労があります。また生活リズムも異なる事がありますので、慣れるまでは、身体的疲労感も大きくなります。

 入社したが、すぐに病欠などで会社に迷惑をかける場合もあります。また一般的に半年後にしか有給を頂けないので、休む事がない様に体調管理が必要になります。 
通院などされている場合は担当医に就職の件も確認して勤務可能かの判断を頂きましょう

入社後の書類など必要な物を揃える

入社初日に提出が必要な書類があります。取り寄せが必要な書類がある場合もあります。事前に確認し、入社前に余裕を持って必要書類を揃えましょう。

書類が間に合わない場合は事前に会社に連絡を入れましょう。人事部の担当の方は入社手続きをしなければいけないので、書類関係はとても重要です。 もし間に合わない場合は入社日の変更もありますので、書類関係の確認をして、スムーズな雇用を目指しましょう。 

必要な物は施設によって様々です。シューズやジャージなど個別に用意が必要な物があります。聞き取り用のメモまた身体的にコルセットなど腰の予防に必要な物も揃えましょう。入社後に必要になる物は必ずチェックし用意が必要です。

入社前にボランティアとして参加する

介護未経験の場合、職場の雰囲気や社会貢献にもなりますので、ボランティアに参加しても良いと思います。無資格・未経験ですと介護現場がどの様に動いているかを実際に体験できます。給与が発生していない分自由に動き、意見を聴くことや発言もできますので、 入社まで時間がある場合はボランティアに参加する事も検討して下さい。 

まとめ

 内定を頂いてから、入社までの時間は人それぞれです。入社後の自身を想像して、就職する気持ちを高める必要があります。 実際に就職してからは、精神面・身体面で慣れるまでは大変です。生活リズムも今までとは変化してしまうので、体調面にも気をつけなければいけません。

入社後に安心して働く事に集中するには、入社までの時間はとても大切な時間です。社会人として、入社後に躓く事の無いように有意義な時間を過ごされる事をお勧めします。

ブログ村 ランキング